top of page

夫婦円満トレーニング

更新日:4月11日




ここでは、よりよい夫婦関係へとなるように思考のトレーニングについて解説します。

私たちが1番必要としている人生の師は、今生活を共にしている人です。

配偶者や親、子供は、自分が見たくない真実を見えるまで繰り返し示してくれるからです。


夫婦間のコミュニケーション方法や理解、感謝が重要で、お互いに対する配慮や思いやりが大切です。

派手な行動よりも日常生活の中でのささいな気遣いや、優しさが結婚生活に豊かさをもたらします。

夫婦間の信頼や愛情を育むためには、日常生活での積み重ねが重要であり、お互いを尊重し支え合うことが大切と考えます。


今まで経験したことで今の思考、感情の癖ができています。

自分の思考を客観的にみて、改善点を見出します。


1,悪い部分を見つけるのが得意!

お店に食事に行った時などに、美味しい食事が提供されても

「あの店は接客が良くないねー」「食事が出てくるまでが遅い」

など出来事に対して悪い側面ばかり見つけてしまうので、良い気分になりにくい。

「また今日もいいことがなかった」となってしまう。

この思考を変え、人生を好転させるには、感謝ノートがお勧めです。


1日の終わりに嬉しかったこと、楽しかったこと、感謝できること。

パートナーや子供、家族がいてくれることで、助かっていることや癒やされることをノートや手帳、PCなどに書き込みます。


1日の終わりを感謝で終えて、翌朝を感謝の気持ちで迎える。

よいところを見つける達人になることで、幸福感、自己肯定感が上がります。

また、”感謝できることは?” を見えるところに書いて貼ったり、携帯の待受画面にしたりするものお勧めです。


2.それは本当でしょうか?

起きた出来事から、自分の勝手な想像をして、妄想を膨らまし、不安や不満の気持ちが大きくなる。

例えば、旦那が女性にハートマークのLINEを送っていた。

休みの日でも出張やゴルフと言い、留守にすることが多くなってきた。

そのことで、浮気を疑い、怒りや悲しみをぶつけてしまいます。

それでは、真実はわからないし、携帯を触っているだけで、不安や不満の気持ちが出るようになってしまいます。

怒りや悲しみをぶつける前に、相手の本当の気持ちがわからないと、真実は分かりません。

自分勝手に思い込んでしまう習慣から脱却するには、


STEP1.出来事から判断しようとしている自分に気づく。

今どの領域にいるか?

領域については、ブログ ”自分で自分を満たす” をご覧ください。 

自分の領域から離れていると疎外感や孤独感、ストレスを感じます。

ほとんどの原因が、自分で勝手に判断していることに気づいていないことなのです。

すぐに気づくことはむずかしいので、1日の終わりでもよいので、出来事から判断した場面はなかったか?を自問してみましょう。


STEP2.自分で判断せず、一体何があったのかを相手に質問する。

質問する時は、タイミングも大事です。

できるだけお互いがリラックスしている状況で、何の感情も持たずに穏やかな気持ちで、素直に思ったことを質問してみましょう。

どんな答えであれ、受け入れるのです。

相手があなたに伝えたことが全てです。

相手が、本当は嘘をついていて、真実とかけ離れていたとしても、あなたは相手を信じることで、それがあなたに対しての真実となるのです。

疑がっている自分に気づいたら、相手を疑うのではなく、自分を疑うのです。


STEP3.STEP2で納得のいく答えがえられず、心が落ち着かない場合は、

最悪な状況を思い浮かべ、その最悪な状況でも感謝できる点を探しましょう。

出来事には、良いも悪いもなく、それを決めているのは、自分の価値観のレッテルなのです。

人は誰もがそのままの自分を愛して欲しいと思っています。

異なる価値観を持つ人を愛せるようになることが、自分自身を愛することになり、魂が磨かれ、人として成長できるのです。


3.脱コントロール

〇〇すべき!〇〇すべきではない!という固定観念で相手をコントロールしようとしない。

例えば、「人はもっと愛情深くなるべきだ」という考えを持っているとします。

話しかけても返事もしない。家事をもっと手伝うべきだなど...その考えがあるばっかりに、相手に期待し、たくさん求め、できていないことばかりに気持ちが向いてしまいます。


「こうあるべき」という現実はありません。

自分の考えを信じている時、軽い不快感から、恐れやパニックまで、程度の差こそあれ、落ち着かない気持ちになっていませんか?

その不快な感覚に気づいたら、手放してみましょう。

あなたの固定観念は、今までの家庭環境や人生経験からできたものです。

あらゆる自分が持っている〇〇すべき!〇〇すべきではない!を見つけ、メリット、デメリットを書き、理想の人生を想像した時にその思考を持ち続けることが良いのか、変えるべきなのかを判断しましょう。


まとめ

以上3つの思考について自分を見つめ直し、習慣化することで、夫婦関係だけでなく、子供との関係性や職場などあらゆる人間関係の悩みが解決し、人生が好転するのではないでしょうか?


自分一人で自分を見つめ直すこと、客観的に見ることがむずかしいと感じたら、カウンセラーに気持ちを話してみませんか?

夫婦関係だけななくあなたの人生がより好転するように人生円満に近づけるようにお手伝いをさせて頂きます。

使用画像:UnsplashMohamed Nohassiが撮影した写真








閲覧数:23回0件のコメント

Comments


bottom of page