top of page

ふうふ円満研究所おすすめムービー

更新日:2月15日

ぜひ 夫婦、恋人同士、家族で見てほしい映画です。


happy  しあわせを探すあなたへ

「幸福度」研究や「ポジティブ心理学」の権威が「幸せ」の鍵を解き明かす。

全米が「幸福度」に注目!ハーバード大学では大人気の講座に!

幸せになるための方程式とは? どうしたら私たちは幸せになれるのか?

監督:ロコ・ベリッチ

幸福度の研究における世界的リーダーであるエド・ディーナー博士や心理学・精神医学者リチャード・デビッドソン博士など、心理学や脳医学の世界的権威たちと幸福度を高める鍵を読み解いていきます。



『Happy』は、物質的な豊かさだけではなく、より終わりのない探求や個人の意識変革が幸せを追求する上で重要であることを伝える映画です。

幸せを見つけるために、心のあり方や意識の向上が必要であり、それぞれが自分自身に合った幸せを見つける旅に出ることが提案されています。


映画を通じて、幸せに大きな影響を与える要素として以下が取り上げられています:


1. 社会的つながり:家族や友人、コミュニティとの良好な関係が幸せにつながるとされ、他人との交流や助け合い、支え合いは、幸福感を高める要素となる。


2. 自己成長と自己実現:自己の才能や能力を開花させ、自己実現を追求することが幸せにつながるとされています。自分自身の目標や情熱に向かって努力し、成長することは喜びや満足感をもたらすことでしょう。


3. 心の健康と心の平穏:ストレスや不安を軽減し、心の健康を維持することも幸せの要素です。マインドフルネスやリラクゼーションの技法を取り入れたり、ストレス管理の方法を見つけたりすることが重要とされます。


4. 感謝の気持ちと生活の満足度:感謝の心を持ち、生活の中で小さな喜びを感じることも幸せにつながるとされています。幸せを感じるために、自分が持っているものや経験に感謝することが大切です。


愛するパートナーと幸せについて学び、共有することで幸福度が高まり、愛も深まるのではないでしょうか?



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page